自転車 サビ取り方法

MENU

自転車のサビ取り方法

 

自転車はほとんどの部分が鉄でできており、それでいて雨ざらしになっていたり、雨に中を走った後でも殆どメンテナンスをする方はいないでしょう。
それは自転車が乗り物ではなく、道具として見ているからです。
こういう自転車にとってかわいそうなことを続けていると自転車は駄々をこねて錆を発生させます。
自転車に使われている部品は鉄の上に塗装してあるものと、メッキ加工しているものがほとんどなのですが、実際に自転車を動かす機構の部分、ギヤやチェーン、ディレイラー、ホイールの巣オークなどはほとんど金属がむき出しになっているか、防錆処理が行われていても経年変化やパーツ同士のこすれあいなどで防錆処理自体が取れてしまっていることも多いのです。
それによって錆が発生しやすいのです。
サビ取りならコチラ

 

 

意外なところにも錆が発生します。

 

それから意外なところにも錆が発生します。
久しぶりに乗った自転車などでブレーキレバーを引くと非常に硬くて、力を入れてブレーキレバーを握ると「バツン!」といって動き出すことがよくあります。
実はそれはブレーキワイヤー―の錆びつきによって引き起こされているもので、ブレーキワイヤーのビニールコート内で錆が発生しているということなのです。
このような自転車の錆をきれいにするにはかなりの労力が必要とします。
必要なものは防錆潤滑剤なるオイルスプレーや柔らかめのワイヤーブラシか真鍮ブラシ、サビ取りクリームなどです。
錆は金属面を侵食する形で発生します。
軽いものであればさっとふき取ることでとれる場合もありますが、ほとんどの場合は錆を削り取りという形で行います。

 

まずは錆をふやかすために防錆スプレーを吹き付けます。
少し浸透してきたところで軽度のものは目の粗い布などを使いますが、重症のものはワイヤーブラシや真鍮ブラシでこすって削り落とします。
この部分が一番重要な工程でこの時点でどれだけ錆が落ちているかが仕上がりの良し悪しを決めます。
そして、その部分にサビ取りクリームなどを塗って更に磨き込みます。
サビ取りを行ったところは錆やすい傾向にありますので、防錆スプレーを塗ってきれいにふき取りか、自動車用のワックスやコーティングなどで表面を保護するといいでしょう。