お風呂 サビの取り方

MENU

お風呂のサビの取り方

 

お風呂の湯船につかっていると、湯船の縁や湯船の底などに錆が発生していることに気が付く場合があります。
湯船以外にも洗い場のところにも錆が発生して事に気が付くことがあります。

 

錆というのは鉄の酸化によって引き起こされる腐食で、金属がなければまず発生することはありません。
最近のお風呂はほとんどが樹脂製のユニットバスで金属がつかわれている場所といったらシャワーや蛇口などだけで後はどこにも金属がつかわれていないのです。
サビ取り剤ならコチラ

 

それなのにどうして錆びるのでしょう。

 

実はそれらの錆は全てもらい錆なのです。
女性の方でヘアピンなどを湯船の縁に載せることがあると思いますが、その金属製のヘアピンを置き忘れてシャンプーボトルの陰に入ってしまうとその存在すら忘れてしまい、その場所に放置されてしまいます。
その放置されたヘアピンがお風呂の湿気に負けて錆びてしまい、そのヘアピンを置いたところにその錆が移ってしまうのです。
それ以外にもたとえば金属加工の仕事をしている人で体中に金属の粉を付けたまま、お風呂に入るとその金属の粉が湯船の下にたまってしまい、それがサビてしまい湯船の底に張り付いてしまうのです。
この錆を落とすには樹脂を傷めないようなサビ取り剤などを使うといいでしょう。
身近なところでしたらクリームクレンザーなどがいいでしょう。

 

これをスポンジにつけてこすれば軽い錆であれば簡単に取り除けます。
それでも落ちないような頑固なものでしたら固めのブラシや布製のたわしなどを使うといいでしょう。
お風呂磨き用の洗剤も販売されているのでそれを使えば意外と簡単に落とすことが出来ます。
かなり根の深い錆の場合は仕方がないので、金属たわしを使って他の部分に傷が及ばないようにこするしかありません。
どの場合もそれなりに傷がつきますがあまりひどい傷ですとそこに水垢やカビなどが付きやすくなるので、サンドペーパーやコンパウンドなどを使って傷を薄くしておくことも必要です。