屋根 トタン サビ取り

MENU

屋根(トタン)のサビ取り

 

今となっては新築でトタン屋根を使った家を建てる方もいないと思いますが、古い家を持っている方や、ガレージや納屋などの屋根にトタン屋根を使った家屋を持っている方もいると思います。
トタン屋根に使われるトタンというのは主原料が鉄、鉄に電位差をつかった亜鉛コーティングを行ったもので、その亜鉛は時間と共になくなっていき、最終的には亜鉛成分はなくなり、鉄だけとなってしまいます。
そういった状態で雨が降って濡れてしまえば簡単に錆びてしまうのです。
ですからトタン屋根というのは錆びた時が寿命と思った方がいいのです。

 

しかし、トタン屋根といっても張り替えるにはかなりに費用が掛かりますし、その工事に間はその家屋を使うことが出来ないので、なかなか思い切ったことが出来ないと思います。
トタン屋根の錆をとるということはいわゆる延命作業であるので、錆がひどくなってからでは遅すぎます。
一部分でも錆を見つけ次第、すぐに修復作業であるサビ取りをしなければなりません。

タン屋根のサビ取り作業は工程としてはかなり簡単なものです。

 

要するに錆の部分を削り取って、その部分に防錆塗料と上塗りをすればいいだけなのです。
錆が出やすいのは端の部分、トタンを切った時というのは切った断面は土台である鉄がむき出しの状態になっているのでそこから錆が広がる可能性があります。
それからトタン屋根をとめるために使う傘釘やフックボルトを通すためにあけた穴の断面からも錆が広がっている様をよく見かけます。
出来ることなら錆びてしまったところを切り取ってしまうのが一番よいのですが、そういったことが出来ない場合は完全に錆がなくなるまでサンドペーパーやグラインダー、ワイヤーブラシなどで削り取るしかありません。
そして最後に防錆塗装と本塗りを行って錆が再発するのを防ぎましょう。