バイクの錆取り方法

MENU

バイクの錆取り方法

 

自動車やオートバイなどは雨の中も走れるように作られており、保管に至っても雨ざらしでも大丈夫なようなつくりとなっています。
しかし、金属パーツをたくさん使った自動車やオートバイではしばしば錆に見舞われることがあります。
車のサビ取りは?
自動車ではボディやシャシーなどに徹底した防錆処理が行われており、かなり厚めの塗装がされているので、ボディ表面に錆が出ることは非常に少なくなっています。
出たとしてもボディの下回りとか、ドアの下側など水分がたまりやすいところにできるぐらいで、それもほとんどのものが表面的な錆であることが多く、専用のサビ取りクリームなどを使えば比較的簡単にサビ取りをすることが出来ます。
ボディに傷や塗装の剥がれがある時は底にも錆が発生することがありますが、そういった時でもコンパウンドやサビ取り剤を駆使してきれいに錆を落とし防錆塗料とボディカラーと同じタッチアップペイントなどを使って修復することが出来ます。

 

問題はオートバイです。
オートバイでも最近は樹脂パーツを使うことが多くなりましたがそれでもガソリンタンクやフレーム、エンジン、マフラーなどに鉄を使っており、更に自動車のようにボディなどでおおわれていないので、雨が降っている時や雨ざらしで保管しておくと深いところにまで水分が入り込んでしまいます。
目で見える部分であればサビているのに気が付いた時にサビ取りクリームなどを使ってサビ取りすることが出来るのですが、サイドスタンドやフレーム下側などではなかなか気が付かないのです。
そうなると錆は深く浸透してしまっているのでサビ取り作業も大変になってしまいます。

 

錆が比較的軽度であれば、サビ取りクリームなどを使って磨き込めばきれいにすることが出来ますが、重傷な錆の場合はワイヤーブラシやサンドペーパーなどをつ敵わなければならないでしょう。
錆をとった後も塗装がはがれてしまった場合は防錆塗料やタッチアップペイントなどできちんと塗装をしておきましょう。
錆が出たところというのはまた錆が出るということですのでより一層丹念に再発星策をとらなければなりません。