スプーン フォーク サビ取り

MENU

スプーンやフォークのサビ取り

 

家庭で使っているスプーンやフォークなどのシルバー類は意外といつも同じものを使っているもので、常時使っているものといっても一人当たり二つか三つぐらいで後はたまに使う程度で食器棚の引き出しにしまわれているのではないでしょうか。
しかし、急に友人や親せきが訪ねてくることに人数分のシルバーを揃えなければならないということで食器棚の引き出しからしまってあったシルバーを出したら見事のサビていたなんてこともよくある話です。

 

シルバーといっても本当の銀製ではなく、ステンレスなどの金属にメッキを加工したもので基本的にはあまりサビないようなつくりになっています。
しかし、洗って水分がまた残っているうちに引き出しにしまってしまうとか常に濡れている状態になっているとか、塩分に常にさらされているという状態にたびたびあっているものでは錆が出るとことがあります。
この錆をとるにはきれいに磨きとるしかないのですが、いくら洗うからといって化学薬品は使いたくないものです。
サビ取りって結構面倒だけど、安全に行いたいですしね。

そこでおすすめなのが歯磨き粉と重曹です。

 

歯磨き粉はペースト状の石鹸成分の中に非常に細かいコンパウンドが含まれているのでそれを布にとってシルバーを磨けばきれいの落とすことが出来ます。
数が多くいちいち1本ずつそんなことやっていられないという方で軽度の錆であれば熱いお湯に重曹を溶かした液体に付け込めば錆を落とすことが出来ます。
重曹に付け込むと錆だけではなく、彫刻などに入り込んだ汚れやカビなどもきれいにすることが出来るので一挙両得だと思います。

 

重症の場合はスチールたわしなどでごしごしこすることになりますが、あまり力を入れてしまうと表面が傷だらけになって曇ってしまうので適当な力で行いましょう。
それから本当のシルバーである銀製品は錆が出ることはありませんが、銀特有の黒ずみというものに見舞われます。
これは銀製品専用の磨き布などを使って磨き込めば、銀の輝きが戻ります。