包丁 サビ取り方法

MENU

包丁のサビ取り方法

 

包丁といえば今ではセラミックやステンレス鋼など全く錆びないものや錆びにくいものを使って作られることが多くなり、包丁が錆びたなどという声をあまり聞かなくなりましたが、包丁など調理器具にこだわりを持つコックさんや板前さん、サンデークッキングを楽しむお父さんなどでは、かなり高い名のとおった鋼の包丁を使うこともあることから包丁が錆びてしまうこともあります。
セラミック式の訪朝では絶対にありませんが、ステンレス鋼を使った包丁は錆びづらいですが錆びないものではありませんので、扱い方によってはステンレス鋼の包丁でも錆に悩むこともあると思います。
包丁はとかく水にぬれたり、温度の高いものに接したり、塩分や酸のきついものに接したりすることがあり、まさに錆びる条件が一通りそろっているものですので、日ごろのメンテナンスを怠ると数日で錆びてきます。

 

その錆をとるにはまだ表面的なものであれば、サビ取りクリームや研磨剤、安全性を求めるのであればクエン酸などを使えば取れることが多いのですが、深くまで浸透してしまった錆の場合は、そういった表面的なものでは取れません。
ここまでいった包丁の場合は早い話、錆びた部分を削り取らなければなりません。
よく使われているのがセラミック製の小さな砥石です

 

これで錆を根こそぎ削り落としてから改めて包丁を研ぐという形をとります。
その後、この包丁をまめに使うのであれば、きれいに水気をふき取ってから包丁棚などに入れておけば大丈夫ですが、それほど使わないのであれば、サラダ油などを塗ってからキッチンペーパーや新聞紙などにくるんでしまった方がいいでしょう。
金属は表面を削ると余計に錆びやすくなるので、錆をとったらその後は錆が出ないように工夫することが重要です。
ステンレス鋼の包丁はその点、楽だと思います。