台所まわり、シンク(ステンレス)のサビを落とす方法

MENU

台所まわり、シンク(ステンレス)のサビを落とす方法

 

家の中でやはり水を扱うことが多いキッチンまわりでは錆に悩まされることが多くなります。
特にシンク周りは錆以外にも水垢やぬめり、カビなども発生することがあり、毎日使っていてもどうしても汚くなりがちです。

 

キッチンが汚いと風水的にその家に住む女性のお肌が荒れてくるといわれているようですが、水垢やぬめりなどはこすればとれますし、カビなどは専用洗剤などが販売されているのでそれらを使えば意外と簡単に落とすことが出来ます。
しかし、意外と厄介なのが錆、特に水が飛び散るシンク周りではその存在も大きくなっていることでしょう。

 

キッチンやシンク周りというのは衛生面からステンレスを使って作られることが多く、鉄のように水が飛んだら拭き取らないとすぐに錆びるというものではありません。
しかし絶対錆びないというものでもなく、ちょっとしてきっかけで錆が広がることがあります。

 

よくあるのがシンクの中や作業スペースに缶詰の空き缶や鉄製の何かを長期間置いた時にその置いてあるものから錆が出始め、それはステンレスに飛び火するということがあります。
通称「もらい錆」と呼ぶらしいのですが、ステンレス自体は錆びづらいものでそこから錆が広がっていくことはまれですが、こういった金属製のものの錆がいわゆる起爆剤となって錆を広めてしまうのです。
キッチンまわりのサビ取りは意外と簡単にできるのですがその分、労力を必要とします。
効率よく錆を落とすには金属たわしなどにクリームクレンザーなどを付けてこすれば落ちます。

これでは傷がついてしまうので・・・・

 

しかし、この方法ですとサビ取り作業自体は楽になるのですが、派手な傷をつけてしまうことにつながってしまうのです。
それをなるべく軽減するのであれば金属たわしではなく目の細かいスチールウールとか少し目の粗いスポンジなどを使うといいでしょう。

 

ただし、この方法を使うと細かい傷で済みますが金属たわしを使ったとき以上の労力が必要となるので、その点は覚悟しておきましょう。
クリームクレンザー以外でもクエン酸の粉末やお酢などを使ってもそれなりの効果を期待することが出来ます。
キズがどうしても気になる方は金属磨きなどを使って仕上げてもいいかもしれません。