コンロ サビ取り方法

MENU

コンロのサビ取り方法

 

火を扱うコンロまわりで錆の心配などする人はいないでしょう。
しかし、コンロをよく見てください。
サビだらけになっているものがありませんか?
そうです、五徳です。
これのサビ取りは結構厄介です。
一般家庭の五徳は火の熱にも耐えられるように無垢の鉄で出来ており、裸火にさらされているので常に酸化鉄、いわゆる赤サビが付いている状態となっています。

 

実はその赤サビが更に燃焼して酸化被膜ができることによって錆びにくくなるという性質があり、この五徳が錆落ちてしまうということはあまりないのですが、使用頻度が少なかったり、水などをかけてそのままにして置くと、酸化被膜おも攻撃し錆がどんどん進行してしまうのです。
従ってすべての錆をとってしまうことは逆に錆の浸食を促してしまうために、場合によっては錆をとらない方がいい場合もあります。
取った方がいい錆は表面的に浮いているようなものや厚みが増している錆で、爪でちょっとこすると取れるようなものです。

 

これは純粋な錆である場合と吹きこぼれたものが焦げ付いてしまっている場合がありますが、どちらにしても五徳にとって酔うものではありませんので取り去る必要があります。
五徳の錆をとるのに効果的な方法はとにかくこすることです。
シンクのように目立つ傷がつくわけでもありませんので錆が落ちるまでとことんこすることが必要です。

 

落ちない場合は「アルカリ性の洗剤」

 

しかしこするだけですとなかなか落ちないのでここで登場するのがアルカリ性の洗剤です。
油汚れを落とす緑色の液体洗剤などがベストですがアルカリ性であればとりあえずどんなものでも大丈夫です。

 

五徳の錆というのは酸化による錆ですのでそれの正反対のアルカリ性を使うことによってサビ取りを終わった後のケアにも役立つのです。
酷い場合では漬け込むことも必要かと思います。
綺麗にサビ取りした後は一度火にかけて完全に乾燥させるのと同時に酸化被膜を作っておきましょう。